読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同人誌で東方projectのストーリーを語るサイト

弾幕が下手で、東方projectのキャラをあまり知ることができない方専用。同人誌による幻想郷の世界観を紹介します。

東方二次創作ゲーム『東方の迷宮2』と『幻想人形演舞』

ゲーム

 今回は東方二次創作ゲームの紹介します。

 二次創作ゲームとカテゴリーすると、東方projectの設定を無視したものなのかな?間違った東方projectの知識を覚えてしまうと考えてしまう方もいます。(私です)

 実際プレイした感想も交えながら、各ゲームの特徴と若干のネタバレを含みながら記事にしたいと思います。

 今回は、『東方の迷宮2』と『幻想人形演舞』です。

 まずは、『東方の迷宮2』

東方の迷宮2

 世界樹の迷宮をモチーフにしたダンジョン探索型RPGです。

 プレイ時間は、約60時間(コンプリート想定)

 通常ボスクリアでは、約50時間(私の経験上)

 値段は2000円と、そこら辺のゲームよりコスパがいいです。

 世界樹の迷宮1も存在しますが、その互換性はないので最初から楽しめます。

 紹介動画こちら

 「お勧めポイント」① キャラデザの可愛さ

 初めてプレイすると、その風景やキャラクターの見た目に心を奪われます。

f:id:sakura630:20150530195624j:plain

 「お勧めポイント」② やり込み要素

 単調な戦闘でなく、各キャラクターにはスキルポイントが用意され、キャラクターの特徴を自分なりにカスタマイズできます。

 また、レベル概念も「全員共有」であり、戦闘に参加しなずにいきなりパーティーに参加させ大活躍することも可能。

 キャラクターの総数は、50人以上で、一度に連れていけるメンバーも12人たくさん。

 あなただけのメンバーで、自分だけの戦略を駆使し、自分だけの迷宮を踏破しよう!

f:id:sakura630:20150530200122j:plain

 続いて、『幻想人形演舞』

幻想人形演舞

f:id:sakura630:20150530200350p:plain

 ポケモンのシステムを導入した幻想郷。

 各東方キャラクターが人形として出現した世界で、その異変に巻き込まれた主人公は、人形使いとして幻想郷の異変と立ち向かう。

 値段は2500前後。

 まさかの通信対戦機能を搭載し、ガチポケモンバトルの様相を呈している。

 紹介動画はこちら。

 「お勧めポイント」① 幻想郷の世界を味わえる。

 幻想郷を舞台し、その世界観を自分の足で確かめることができる。

 紅魔館・地獄・妖怪山・河童の秘密基地まで、今まで想像しかできなかった幻想郷を探索できる。

f:id:sakura630:20150530201452j:plain

 東方projectの旧作と呼ばれるシリーズのキャラクターも登場!

f:id:sakura630:20150530201630j:plain

 当然戦闘BGMは、東方projectのアレンジ曲だ!

 「お勧めポイント」② ポケモンのガチ並の対戦環境

 ポケモンと比較するものなんかあれだが、対戦が熱い。

 種族値努力値の概念。特殊アイテムなどの、対戦専用の要素が充実。

 特に種族値は、「転生」という概念で一瞬で練成できるため、簡単に理想個体を用意でき、努力値に至っては自由に振るシステムとなっている。

 もう自転車で孵化する時代は終わったんだ!

f:id:sakura630:20150530201503p:plain

 「お勧めポイント」③ 可愛いキャラクター

 「東方の迷宮2」の美しいキャラとは違った可愛いキャラデザ。

 衣装チェンジなるものも搭載している。

 あなただけの人形をカスタマイズできるぞ。

f:id:sakura630:20150530202548j:plain

 以上で東方二次創作ゲーム記事を終わります。